初回限定キャンペーン トライアルセットでお試しください 特殊加工 こだわりのコラーゲン よくある質問 クレアシオンホームページ コスメホームページ ビューティーブログ フェイスブック

2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
定休日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
定休日
 

 

コラーゲンへのこだわり


皮膚の老化はコラーゲンの変化から
《若い肌は可溶性コラーゲンが多く、老化した肌は不溶性コラーゲンが多く含まれています》  


可溶性コラーゲン&不溶性コラーゲン


どうして老化した肌には不溶性コラーゲンが多いのでしょうか?

上の左図のようにコラーゲン分子の端にはテロペプチドと呼ばれる部分があります。
このテロペプチドを介して、上の右図のようにコラーゲン同士が結合(分子間架橋)することでコラーゲンは固まりとなり不溶性コラーゲンとなります。

若い時の肌は、コラーゲン同士の結合が少なく可溶性コラーゲンが多いのでハリや弾力性があります。
この可溶性コラーゲンは加齢とともに結合していくので不溶性コラーゲンが増え、肌の弾力性が失われていきます。



ミリストイルサクシニルアテロコラーゲンとは
《クレアシオンの化粧品は、ミリストイルサクシニルアテロコラーゲンを配合しています》

アテロコラーゲンとは、肌の奥まで届く浸透性が特徴で、最も肌なじみが良いと言われる動物性コラーゲンの一種です。
●他のコラーゲンと比べてアレルギー反応や拒絶反応が起きにくいとされています。
●再生医療の現場では火傷や皮膚欠損部の皮膚カバーとして利用されています。
●角質層の潤いを保つ保湿作用や保護作用があり、結果として肌にハリを与える働きがあります。

このアテロコラーゲンを、
『生きたまま』化粧品に溶けやすくかつ安定して配合させるために、特殊加工(タンパク質の化学修飾の一つであるミリストイル化、サクシニル化)したものが、ミリストイルサクシニルアテロコラーゲンです。



『生きたまま』のコラーゲンとは
《クレアシオンの化粧品は、コラーゲンの構造を壊すことなく、まさに『生きたまま』のコラーゲンを配合しています》

コラーゲン
『生きたまま』のコラーゲンとは? ヒトをはじめ動物に含まれるタンパク質の一種で、血管、腱、骨、そして特に皮膚に最も多く含まれています。
コラーゲンは左図に示すような、長いポリペプチド鎖3本がらせん状に組み合わさった、分子量30万の非常に大きなタンパク質分子です。

卵の白身を加熱すると固まってしまいます。固まった白身は元に戻りません。これを想像すると解りやすいですが、タンパク質は、熱や化学処理に弱く、コラーゲンを元のまま化粧品に配合することは容易ではありません。
多くのコラーゲン入り化粧品は、性質を安定させるために60℃〜70℃の熱処理に寄ってエマルション化(乳化)させるために、長いポリペプチド鎖がバラバラになり、ペプチド断片になってしまっています。
これでは、コラーゲンが本来もっている機能を発揮することはできません。

クレアシオンのスキンケアは、コラーゲンの構造を壊すことなく、『生きたまま』のコラーゲンを配合しています。

ページトップへ